過払い金請求 デメリット クレジットカード

過払い金請求のデメリットとして、クレジットカードの審査に影響が出る事が考えられます。

ここではデメリットがあるかどうかを中心にまとめてみました。


クレジットカードの審査に影響が出るケース

よく、債務整理などを手続すると、消費者金融などの借り入れを増やしてしまうと、それだけでクレジットカードへの審査影響、もしくは利用に影響が出るのではないか??と言われていますが、実際のところはどうでしょうか??

結論としては、「決定的な理由とは言えないですが、一つの判断要素にはなります。」です。

借り入れが多いという事は、返済能力にも疑問が出てきます。

こうなると、借金返済がままらならくなる事も考えられますので、新しいクレジットカード審査に影響する事が考えられます。


また、異動情報と呼ばれる延滞、貸倒れ、過去に債務整理した旨の情報、異動情報各種の解除情報が出ている場合は、上記のケースよりももっと審査に通りにくくなります。


さらに、規約などにおいて、クレジットカードの新たな利用を停止する事も考えられます。

こうなると、現金がない時に、クレジットカード決済が出来ないケースが増えてきますので、快適な生活に制限がかかってしまう事もあります。



過払い金ケースの場合はどうなの??

では、過払い金請求にあたって、上記のケースが考えられるか??

という事ですが、過払い金をすると、信用情報には異動情報の報告が無いばかりか、借金していたものすべての情報が完済した情報となります。


これで、過去に借金を消費者金融でしていたけど、借金をすべて返し終わったという情報に変わりますので、逆に信用度が高まる可能性もあります。


そのため、クレジットカードを新たに審査してもらったり、今のクレジットカードを利用するには影響が出にくいと思われます。


よって、過払い金請求する事でクレジットカードに関するデメリットが出てくるか??

を考えた場合でも、特に不都合がないと言えるかと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ