過払い金請求のデメリットや地域による違いはあるのか?

過払い金請求には、デメリットって考えられるのでしょか?また、地域によって返還請求額は変わったり、何か特殊なことが起こりえるのか?それらについてまとめてみました。

過払い金請求にデメリットは見当たりません
他の債務整理(任意整理、自己破産、民事再生)によるデメリットとして信用情報の登録が異動情報となる事が挙げられますが、過払い金請求後は、信用情報の報告は、借金を完済した旨の情報となります。

完済した人と同じなので、当然異動情報の報告はありません。

これは、完済している人には、全く何も影響がないのですが、残債務が残ったまま過払い金請求をするケースで、手続きが長引いた場合、延滞情報や貸倒れ情報などを一旦異動情報として登録される事もありますので、それらがなくなるのは大きなメリットです。


その他過払い請求をすると、元々借金がある人は、引き直し計算の結果、すべてなくなりますし、借金もなくなり払い過ぎた利息が戻ってくる、しかも手続きを代理人任せにすれば何もリスクもデメリットもありません。

もし、何かひっかかっている事、不安な事などがあれば、弁護士や司法書士の無料相談の機会をうまく活用する事をオススメしたいと思います。

上記のようにデメリットを感じていなくても、何か一歩踏み出せない理由というのは、目には見えないもの、つまり精神的なストレスだったり、勘違い、思い違いなどがあるかも知れません。

特に、精神的なストレスというのは、今まで借金返済などで、執拗な取り立てを迫られていた関係もあり、誰も信用出来ない状態に陥っているかもしれません。

こればかりは、せっかくの情報も素直に受け止める事ができない状態になっているので、会って話をして、納得しなければ前に進めないと思いますので、無料相談で胸の内をぶつけてみてはいかがでしょうか??

【PR情報】 当サイトがオススメする債務整理のプロを選ぶにはこちら
⇒ 債務整理なら頼れる先生ガイド


地域別で何か特別に違うことなどあるの?
まず地域別による相違ですが、地域別での変化金額の実績などを見ていると大小ありますが、これは地域というより業者別が関係しているような気がします。

債務整理や過払い金請求は相手があっての事ですので、相手を納得させれば優位に働きますし、相手に返還能力がなければ、あなた自身が泣かないといけない可能性もあります。

もうひとつ地域別で違う可能性があるとすれば、都市ごとの弁護士や司法書士のスキルによるかも知れません。


東京や大阪、福岡、名古屋、仙台、関東圏内(埼玉、千葉など)は、大都市圏で債務整理案件も多い可能性がありますが、逆に地方では案件が少なく、経験値という意味で違いがあるかも知れません。


また、全国対応の事務所なのか、それとも地域に特化している事務所なのかで、全く経験値にも差が出てくるかと思いますので、実績も重視しながら選択する事をオススメします

サブコンテンツ

このページの先頭へ