過払い金問題解決は債務どっとこむ

過払い金問題は、借金問題解決を一気に早める事になりました。

過払い金は、みなし弁済が実質的に向こうになった平成18年の判決によって一気に手続きを取る人が増えて、債務がなくなる事になったのですが、それまで借金解決に「利息が戻ってくる」ような認識などはありませんでした。

それが借金がゼロになるだけでなく、払い過ぎた利息を計算の上で返金までされるようになった事で、当時は衝撃的な判決だったと言えます。

その時、裁判官がこんなに過払い金返還請求が盛んになるなんて、思ってもみなかったのではないでしょうか?それだけ消費者金融も多くが倒産に追い込まれましたし、大手でもアイフルがADR、武富士に至っては会社更生法となってしまい、それぞれ過払い金の返還も十分にできないような状態まで追い込まれました。

それだけ衝撃のある過払い金ですが、今でも多くの方が請求手続きを取ります。

最近の傾向では、取引中の方だけでなく、すでに取引を終えている方が、思い出したかのように過払い金請求を行うケースです。

これは、CMの効果もあると思うのですが、「過払い金の時効は10年です」というフレーズが大きく印象に残るのではないでしょうか?

過払い金には時効があります

過払い金の返還請求ができるのは、最終取引日より10年以内と決まっています。これは消滅時効との関係で、法律関係を安定させるためで、過払い金についても例外なく規定があります。

よって、過去に消費者金融で利用していた方や今利用中で取引が長く過払い金が発生している可能性がある場合は、早期に手続きに踏み切らないと、時効が過ぎてからは手続きができません。


cyan01 合わせて読んで過払い金への理解を深めましょう


  1. 過払い金の全国全力サポート体制com

  2. 過払い金請求の助ける隊net☆

サブコンテンツ

このページの先頭へ