相続税相続のツボ

[相続税改正] ブログ村キーワード

相続税や相続のツボとコツは抑えておかなければ、思わぬところで痛い思いをします。

相続トラブル無料相談 相続税改正後に備えましょうでも述べているとおり、平成27年から相続税の非課税枠が、現行よりも下がります。



まず、おさらいという事で、相続税の現行から紹介しますと、

5,000万円+1,000万円×法定相続人の人数分まで、非課税。

例)5,000万円+1,000万円×3人=8,000万円

だったのが、

2015年1月より、3,000万円+600万円×法定相続人の人数分で、非課税

例)3,000万円+600×3人=4,800万円

となりますので、3,200万円の非課税額が減ります。



さらに、相続の対象となるのは、多くの方のイメージでは、「現金」や「不動産」や「車や株などの債券」と思われがちですが、実は「生命保険」も相続の対象となるのですΣ(゚д゚lll)


これを知っているか、知らないかで大きな違いが出てきます。

上記の通り、3,200万円という金額は、不動産や車がなかったりすればそこまでいかないのでは??と思われがちですが、生命保険は数千万円単位で掛けている事は、多くの方がされている事ですので、非課税枠が確実に減る事となります。


相続問題は、将来的に家族の問題になったり、対立したり、確執となり、根の深い問題へと発展しやすいです。

よって、当事者同士で解決できれば一番良いのですが、そのとおりにいかないケースも多くあります。


そのため、できるだけ弁護士に相談して解決を図るようにするのが無難です。

決して費用だけみて、勿体無いとか思うのではなくて、家族と向き合うためにも、将来的な紛争や確執を生まないためにも、第三者に入ってもらうようにしましょう。


※延べ1000事務所、3,000名以上の専門家の中から無料相談
⇒ 相続サポート プロを探す方法はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ