目標を叶える方法

目標を叶える方法は様々あるかと思います。

目標を叶える方法に正解があるとすれば、個人的には一つだけだと思います。

それは「どれだけ本気になれるか」=本気度だと思います。そこで、ここでは熱量や沸点の話と合わせて紹介したいと思います。


正範語録 をご存知でしょうか?

実力の差は努力の差
実績の差は責任感の差
人格の差は苦労の差
判断力の差は情報の差

真剣だと知恵が出る
中途半端だと愚痴が出る
いい加減だと言い訳ばかり

本気でするから大抵のことはできる
本気でするから何でも面白い
本気でしているから誰かが助けてくれる


何事も本気で取り組むから、今流している汗、取り組んでいる課題、努力が実る。

こう私のメンターに教えて頂きました。


今は、貧乏かもしれない、そして生活も苦しいかも知れない。

だけどね?

あなたの未来はもう決まっているんだよ」と言われて、ずいぶんと心が軽くなりました。


今している努力や取り組みが、「正しい方向」のもとに行われていて、継続するだけの集中力があれば、すでに望む未来が手に入るという事ですね。

だけど、逆に「ズレた方向」で努力しているつもりだったり、やってるつもりだったり、間違った方向に進むと・・・

残念ながら「手に入れたい未来」とはかけ離れる結果になるのです。


これを見極めるには、「第三者に目標に対してきちんとアプローチできているか、随時チェックしてもらう」という方法か、「自分自身にやっている事に対する違和感がないかチェックする」という方法があります。


中でも、自分自身の違和感に気付くには、無意識レベルまで自分との対話で気付く必要があるので、相当に難しいレベルですが、信用おける(もしくはすでに成功されている人)にチェックをしてもらいながらであれば、特に問題にもなりません。


ズレていれば修正すれば良いだけ。

そして、今の正しい努力を積み上げていくだけ。


今、自分の本気度が試されれいる。

ぜひ、チャレンジしてあなたの目標を達成して下さいね。


実は目標達成までの沸点はあと一歩手前だった

実は、きっかけを掴むのにあと一歩・・手前で止まってしまう事も多い人がいて、沸点で言えば99度では沸騰とは言わないのです。

そのわずか1度の差で、我慢できず、途中で放棄してしまう。

そんな事が過去にありませんか??


あと少しだけ、もう少しだけ「正しい努力」が行われていれば、必ず報われますので、やってみましょう。

そうすれば、きっかけを掴むことはできるでしょうし、あとはそのきっかけを応用するだけで良いのです。そんなに難しい事ではありませんので、まずは正しい努力を行っているか、継続できているかのチェックし、それからきっかけを掴むまでやめない。

この事を意識して取り組んでみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ