成功者の考え方や凡人の違い

成功者の定義を合わせておく必要があるかも知れませんが、個人的に考える成功者は「お金を将来の不安がない程度すでに持っていて(セミリタイアできる)、しかも精神的に安定している、必要なものを必要な時に、必要なだけ差し出せる人」です。

お金がなければ、夢を実現できないし、欲を満たす事もできません。

そして、お金があれば「ある程度の安心は手に入る」ので、精神的にも安定するだろう。

という思いなのですが・・・

今日、いわゆる「成功者」の定義にあうメンターのもとを訪ね、成功の秘密について色々と聞いてみました。


  • 成功者は感情と事実を別々に切り分けて考える。
  • 例えば、ロジック上「これだけやれば、これだけの成果が出るはず」という計算式が成り立つのであれば、それを淡々をやりこなし、そしてそこに感情は挟もうとしません。

    問題点が出てきても「感情とは切り離す」ので、原因追求がぶれないため、人の弱点やズレている点を修正する能力が非常に高いのです。


  • 凡人は自分を客観的に認めない
  • 成功者は、自分の現在地、未来へ進める方向へとすべて客観的に見る事ができますが、凡人は今の自分が未来の何に繋がっているのか、そして未来に対して今がどの地点にいるのかわからない人が多いという事です。

    今の現状認識が出来ないため、今どれだけ足りていないのか、そしていつまでに達成すれば良いのか、目標設定が甘くなるという事でした。


  • 成功者と凡人では本気度が違う
  • 凡人ほど、燃えやすく冷めやすいと言われましたΣ(゚д゚lll)

    そして、成功者の多くは「淡々と続ける事ができる」ので、炎を例えに教えて頂いたのですが、「赤い炎を出すのではなく、青い炎でい続ける事でモチベーションに左右されない」と教えて頂きました。


    毎回思うのが、新しい発見も多く、勉強になる事ばかり。

    そして同時に自分はまだまだだなぁって思うのと、少しでも追いつけ、追い越せではないですが、精進できたらいいなって思います。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ