弁護士法人f&s 評判

ビジネスマン02(人物)フェアアンドスクエア法律事務所が法人化し、「弁護士法人f&s」として活動しておりますが、この事務所は弁護士のみの在籍ですが、費用面で大きなアドバンテージがあります。

まず、債務整理の相談ですが、何度でも相談無料!!

しかも費用は分割、後払いにも場合によっては対応できます。

そして、何より相談する上で心配な点ですが、「家族に内緒にしたまま相談できるか?」、「会社に知られず相談できるか?」という点についても、秘密のまま相談する事はできます。

ただし、実務上で自己破産をする場合は、家族に内緒のまま手続きを進めるのは、持ち家や財産がある場合は不可能ですので、その時はきちんと説明しなければいけないでしょう。

しかし、自己破産する事を会社に言う必要はありませんし、秘密裏に進める事は可能ですので、その点は安心して下さい。


次に費用面の詳細ですが、債務整理の1社あたりの着手金と成功報酬はともに20,000円(完済後の過払い金請求に至っては着手金0円)、減額報酬が10%、過払い金請求の場合は請求額の20%(訴訟の場合でも同じ)と業界内でも低い水準で手続きができる点が大きなアドバンテージと言えます。


その他、個人民事再生は500,000円~、自己破産は400,000円~手続きができますので、費用面を考慮しながら弁護士へ相談したい場合に弁護士法人f&sは一つの選択肢としてなり得ます。

⇒ フェアアンドスクエア法律事務所 WEB相談申込み





さらに弁護士法人f&sですが、交渉スタイルとして、債務者の要望に最大限応えるために「粘り強く、有利な条件を引き出すまで徹底するスタイル」です。

よって、任意整理となった場合でも、毎月の返済を極力抑え、可能な限り和解金額を減らすように努力し、そして長期分割が可能なように交渉します。

よって、毎月の支払原資が少ない場合でも、できるかぎりの譲歩を引き出せるように、あなたの力になってくれる事間違いありません。


所属弁護士は6名、それぞれの強みや知識や他資格も豊富な上に、経験と実績もあり安心です。また、女性弁護士も在籍のため、女性でも安心して申し込みできるのも、一つの魅力といっても良いのではないでしょうか。




所属弁護士一覧

  • 平林 真一 弁護士 東京弁護士会所属 No.35542
  • 松岡 太一郎 弁護士 第一東京弁護士会所属 No.42171
  • 夫婦カウンセラー、相続アドバイザー協議会会員
  • 高関 雅英 弁護士東京弁護士会所属 No.41994
  • 法教育センター運営委員会
  • 松木 勇作 弁護士 東京弁護士会所属 No.47841
  • 法教育センター運営委員会、法律相談センター運営委員会、日本大学法学部司法科研究室 指導員
  • 町井 敏亨 弁護士 東京弁護士会所属 No.47975
  • 法律相談センター運営委員会
  • 佐々木 輝 弁護士 第二東京弁護士会所属 No.49753
    サブコンテンツ

    このページの先頭へ