延滞 いつ消える

延滞情報について調べると「延滞 いつ消える」と検索されている方が多いという事がわかりました。

これは、おそらく信用情報における「延滞情報」だったり、「異動情報」だったりを示していると思われるのですが、延滞情報に関しては、入金が行われた時点で数日以内に解消されますが、異動情報は5年を超えない範囲という事になります。


また、異動情報の中には、長期の延滞情報と呼ばれるものもありますので、この件については延滞が解消されても、「延滞解消」という異動情報となり、信用情報機関の定める登録期間は出続ける事となります。


信用情報の異動情報について

信用情報の異動情報についてですが、信用情報期間に登録している金融機関は、債務者の利用状況を的確に報告する義務があり、本人情報、借入情報をできるだけ最新のものとしておく必要があります。


この一つとして、異動情報についても報告される事となっていて、延滞情報をはじめ、債務整理各種(自己破産、特定調停、民事再生)、弁護士や司法書士などによる介入整理、カード強制解約などがあります。

異動情報は、信用情報機関に加盟する金融機関は、交流された情報として確認する事ができますので、ローン、キャッシング、クレジットカードなどの審査において用いられる事となります。


延滞情報が消えるまでに・・

上記の通り、延滞情報が消えるまでに相当年数かかります。

その間は、新たな借金だったりローンが組めない事を前提に、貯蓄を進めておくとか、ライフイベントに備えてお金を用意しておく事が大地になってきます。


特に、車検代だったり、学費関連は大きなお金がかかるものですから、前もっての用意は必要です。

ただ、ある程度の時期がわかるものですので、急に必要とならない点においては、対応もできるかと思いますので、焦らず毎月コツコツと積上げていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ