家賃滞納 時効はいつ?

借金で時効が5年というのは、時効援用 信用情報、それぞれどんな関係があるの?でも解説させて頂いたのですが、殺人でも携帯電話の未入金債権でも、そして家賃でも同じように時効というものは存在します。

また、時効には二種類あり、権利義務関係が消える「消滅時効」と権利が発生する「取得時効」というものがありますが、借金や携帯電話の未入金、そして家賃滞納の支払については、「消滅時効」=つまり支払い義務がなくなる事となります。

根拠となる法律は民法169条で以下のとおり書かれています。

民法169条(定期給付債権の短期消滅時効)
年又はこれより短い時期によって定めた金銭その他の物の給付を目的とする債権は、五年間行使しないときは、消滅する。


また、家賃の充当順ですが、「古い順に入金があった事とする」となっていますので、滞納されている場合に支払しても最新の入金をしたものとならず、古い順に入金があったものとして処理されます。


よって、家賃滞納を続けていると、時効が進行していく事となり、最終的に未入金状態が5年続くと消滅時効の援用ができてしまいます。


そして、借金と同様に、時効の進行を債権者が放置しておくとも限りませんので、時効進行を中断しようとします。その事由について、時効援用 信用情報、それぞれどんな関係があるの?から引用しますと、

民法147条に記載される時効の中断事由

消滅時効の進行をストップする事由についてですが、以下の3つが挙げられます。

  1. 裁判上の請求
  2. 債権者が裁判を起こし請求してきた場合、支払督促の申立、和解及び調停の申立があった場合などを指します。

    ちなみに、裁判上の請求が認められ、消滅時効の中断となると、次は10年先まで時効完成するのが伸びますので、以前よりも時効完成まで遠くなります。

    ただし、催告されただけで裁判上の請求に該当しない時は、催告後6ヶ月以内に上記の手続きを踏むことが必要です。

  3. 差し押さえ、仮差押え、仮処分
  4. 法的な手続きで差し押さえや仮処分などがあった場合に、時効は中断します。

  5. 債務の承認
  6. 自ら借金がある事を認め、借金の支払をした場合、時効は中断します。


以上のような事があると、時効の進行は中断されます。


ここから債務者側のお話になりますが、もし家賃未入金の状態が5年以上続いた場合、消滅時効の援用(=主張する事)をしたい場合、もしくは時効を迎えているかを確認したい場合。

その場合に、債権者においそれと確認するのが良いか??といえば、決してそんな事はありません。


借金であれば業者相手に「私は時効を迎えていますかね??」

家賃であれば、「家賃滞納している分は5年以上過ぎてますかね??」

と聞くのは、自殺行為のようなもので、債権者も思い出したかのように、もしくはあなたとの接触時点で取り立てや督促を強める事も考えられます。

もしくは、時効をまもなく迎えるという時点であれば、上記のような中断行為に出る事も考えられます。


大事な事は、「慎重に判断する事、自己判断で動かない事」かと思います。


そんな時に使いたい方法がこちらです ⇒ エストリーガルオフィスで消滅時効援用

消滅時効援用のことならエストリーガルオフィス

プロの目で時効の援用が可能かどうかを確認し、その上で最適な判断を紹介しますので、安心して任せる事ができるのです。


債務整理でも同じですが、自己判断をするより確実かつ信頼できる方法として、プロの手を借りるという方法を一つの選択肢に加えて頂けると良いかと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ