債務整理による住宅ローンへの影響は?

[住宅ローン] ブログ村キーワード

債務整理をすると住宅ローンに影響を与えるのか?

という事についてですが、結論で言えば「住宅ローンの審査が組めない可能性があります」となるのではないでしょうか。

これは、信用情報に問題があるからで、債務整理の手続を行うと、一定期間「異動情報」と呼ばれる、金融機関からするとブラックな情報が登録される事となります。

この異動情報とは、債務整理を行った事、延滞している事、貸倒れした事など、債務者の債務状況の中でも悪い情報が登録される事となり、一定期間は信用情報に掲載される事となります。


一方、すでに住宅ローンを組んで、毎月ローン返済をしている方が債務整理した場合ですが、これは「自己破産や民事再生でなければ影響は出ない」と考えられます。

自己破産の場合だと、自宅を所有している場合は売却して手放さなければなりませんし、民事再生を行う場合でも住宅を手放さず、住宅ローンはそのまま支払続ける事になります。

よって住宅ローンがある場合でも債務整理を行う事ができますが、自己破産の場合は自宅を手放す恐れがあるので、その点を気をつけておきましょう。


上記の通り、借金問題の解決に有効な手段といえる債務整理ですが、一方で何も制裁なしで手続きできるものではなく、デメリットが上記の通りありますので、気をつけなければなりません。

信用情報の異動登録は、5年~7年程度となっていますので、この間は住宅ローンは組めないので、将来的に自宅購入を検討している場合は、この間に頭金を作るようにしてはいかがでしょうか?


また、住宅ローンだけでなく、カードローンやキャッシングの審査にも通りにくいので、新たな借金はできないと思って、節約や収支の見直しを心がけた方が良いかと思います。

この期間に、自身の生活再建をできるように、しっかりと生活で見直しできる事をしていくようにしましょう。


cyan01 債務整理を検討している方に合わせて読んで頂きたいのがこちら

⇒ 債務整理ラボ弁護士司法書士選び

サブコンテンツ

このページの先頭へ