借金 住宅ローン 組める?消費者金融の借入の場合は?

借金をしていても住宅ローンは組めるのか?

それとも危険なのか?返済比率や審査に通るか心配な方は、まずは確認して下さい。



借金をしていても住宅ローンは組めるの?

結論としては、「可能」です。

ここで気にするのが、可能ではあるけど、「審査が通るかどうかは別の話」だという事です。

つまり、審査に通るのであれば、住宅ローンを組む事ができますし、審査に通らなければ住宅ローンを組む事ができません


では、審査ではどんな事を確認しているんだろう??

ここも気になるポイントかと思いますので、調べてみますと、まずは「返済能力」をチェックしているのは間違いないでしょうが、その中で数値として目安になるのが、「返済比率」と呼ばれる数値です。


返済比率とは、「年間の借金の返済額と年収との比率」の事で、住宅ローンの場合は35%~40%程度が基準値です。

つまり、消費者金融への年間返済額が50万円、年間の住宅ローン返済額を120万円と仮定したシミュレーションをすると、

返済額合計が170万円となり、ここから年収400万円の方だと、返済比率は35%となります。


この場合は、返済比率を満たす事になるので、住宅ローンの審査に通る可能性が出てきますが、これが借金の返済額が大きい場合や借入額が極端に多い場合は、返済比率だけでなく、総合的に危険と判断する可能性があります。



消費者金融での借入は審査に通らない?

上記の通り返済比率はひとつの基準ですが、もう一つ銀行の懸念材料として挙げられるのが、「消費者金融での借入」です。

消費者金融での借入は、借金の中でも、より生活(家計)に近いと考えられており、生活にも影響が出ているのではないか??と銀行の審査では見られるようです。


実際、消費者金融で借入している方が、住宅ローンの審査前に消費者金融の借入を完済してからという方も多く、残高証明書や完済証明書を発行して欲しい、契約書を返却してほしいという方も多いようです。


このように、住宅ローンの審査は、消費者金融などの借金はマイナスに働く可能性が高いため気をつけましょう。

いざ審査をする際に、家族に心配をかけないように、先に借金をキレイに完済しておく事が望ましいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ