借金返済救済のらくりんcom☆

[借金返済] ブログ村キーワード

借金返済に困っている方、もう返済できないし放置でいいか・・

とされているとすれば、大変勿体無い事です。

放置してメリットがあるとすればそれは「時効を援用できた時」だけです。

債権の時効の援用は、5年かかりますので最終返済日より5年間、時効の中断されたり、債権者からの取り立てから逃れることができてはじめて有効なので、相当年数耐える事になります。

精神的にもしんどいですので、早期解決したい方には向いていないのです。


そのまま放置していればいいじゃないか・・

確かにそのまま放置でも、信用情報に異動が出て、クレジットカードやキャッシングなどを新たに契約する事はできない、強制執行をされない限りデメリットはないだろう・・・

と思われるかもしれませんが、自分の意識の中にはいつまで経っても借金の事が頭にあるので、気が気じゃないという精神状態によろしくないのです。


じゃあどうすれば良いか・・・

正々堂々と債務整理で「白旗宣言」をすれば良いのです。

債務整理で法的な手続きをとれば破産や再生手続きもできますし、任意整理であれば将来利息のカットなど和解交渉も行えるのです。これは交渉のテーブルに債権者と債務者がつくという意味においては、非常にメリットが大きいです。なんと言っても堂々と相談できる場なわけですから。


さらに債務整理をする際には法律の専門家である弁護士や司法書士にお願いするのが有効です。

法律に関わる事なので、知識も経験も無ければなりませんし、最近の専門家の傾向では借金問題に強い方が増えていますので、頼りになりますし、交渉力もあるので、あなたの力になってくれる事は間違いないでしょう。

cyan01 合わせて読んでほしい記事

⇒ 借金相談債務整理ラボ

サブコンテンツ

このページの先頭へ