借金返済コツ キャッシングやクレジットカードで返済に困っても大丈夫

8ba90fc877c4cbf5671e7e72ecedf760_s
キャッシングやクレジットカードを借りすぎると、多重債務状態となり支払ができなくなりかねません。

しかし、そうなる前に、借金問題を解決するにはどうすれば良いか?コツさえ掴んでしまえばあとは何の問題もなく返済ができるのですが、どうやったらいいのか?は大変難しい問題です。

そこで、当サイトでオススメしたいのは、「借金返済を継続する場合は家計管理」、「借金返済の継続ができない場合は債務整理」いずれかの方法を使われると良いかと思います。

それぞれの借金返済のコツの詳細をこれからまとめていきますので、あなたに合った方法を選んで下さいね。

前倒し返済より確実、先取り貯蓄で返済原資を確保

よく借金返済には、「前倒し返済」だとか、「繰り上げ返済」がオススメなどと紹介されていますが、確かに繰り上げする事で利息負担が減って、借金もみるみる減るのですが、すべての人に対して適合するやり方とは言えません。

確かに繰り上げする事は大事な事ですが、無理な繰り上げをした結果、万が一に備える貯金がなかったり、将来に備える事ができなかった・・・

という事があれば、それは大変大きな問題です。


4773902915aa533845c609e9756d8cc9_s
それよりも、毎月最低限きちんと返済できる借金返済原資を確保する事が大事です。そこで「先取り貯蓄」をうまく活用して毎月の借金原資を確保し、返済計画を立て直し、何年で返済を終えるかをきちんと計画します。

例えば、毎月1万円の返済原資を確保、3年以内に返済すると立てた場合、毎年12万円の返済原資です。これに対してどれだけの利息なら返済が継続できるのか計算し、各貸金業者に相談し契約の見直しを迫ってみます。

ここで、相談ができなかった場合は、次の手段で良いので、まずは相手が相談に応じてくれるのか、毎月の返済原資を確保できるのかが大事なポイントです。


先取り貯蓄の方法

話を戻しまして、先取り貯蓄ですが、これは貯金を毎月スムーズに行うための方法なのですが、これを応用して借金原資を先に確保してしまうという方法が、ここでの提案になります。

普通の場合、給料(手取り収入)から支出を出して、毎月残った金額を貯金。

これが、通常の貯金の流れなのですが、先取り貯蓄の場合は、

給料(手取り収入)-貯蓄(借金原資)、残った金額で支出を賄う(=つまりここで節約をする)

という事になります。

本来は、貯金をするために先取り貯蓄をするのですが、今回は応用という事で借金問題を解決するために最低限の返済原資を確保するために、この方法を活用してみましょう。

債務整理で借金問題を一気に解決、代理人選びがポイント

上記の通り、返済原資を確保し、各債権者とも相談するも折り合わない場合、返済原資が足りず借金返済が困難だと判断した場合は、債務整理を検討すると良いでしょう。

その際、大事な事が「代理人選びを間違わない事」です。

債務整理は自分でも手続きできますが、長い目で見ると、借金問題を解決するためには弁護士や司法書士といった専門家が代理人となり、あなたのサポートをする方が良いです。

そのためにも信頼できる先生を見つけて、二人三脚で取り組むことができるかが大事なポイントですので、当サイトでは、債務整理なら頼れる先生ガイドで事務所選びのポイントとオススメ事務所をまとめていますので、参考にして下さいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ