借金相談。債務整理ラボ弁護士

借金相談で債務整理の話がよく出てきますが、債務整理は弁護士がおすすめの理由は以下の通りです。

マルチな有資格者ですべてにおいて代理人になれる。

⇒これは、認定司法書士でも一部の債務整理の代理人になれるのですが、訴額が140万円以上の案件や地方裁判所で扱われる案件は弁護士のみが代理人となれるのです。

よって、過払い金請求で控訴した場合、自己破産や民事再生などでは、裁判所へ出廷する際に代理人となれるのは弁護士のみという事になるのです。


弁護士は、なんといっても信用度が高い業種

⇒日本では弁護士といえば、難関資格ですし、有資格者への尊敬の念は変わりません。今まで企業の顧問弁護士など大きな法律問題だけと思われてきた弁護士ですが、債務整理など個人の借金整理案件でも担当するようになり、街の法律家として民事にも積極的に介入するようになってきました。


司法書士よりも価格面では高いのですが、昔から名実ともに信用度が高いので、安心して事件を任せる事ができます。しかし、最近では残念な事件も目にします。


悪徳弁護士という表現が正しいかわかりませんが、一部の弁護士は過払い金が返還されたものを内緒にしていたり、金額を誤魔化したりしてきちんと返還をしなかったという事例があるのです。

また、債務整理の着手を依頼されたにもかかわらず、事件を放置し手続きを進めなかったという事例もあるくらいで、本当に債務者側からすると、利益喪失に繋がる行為だと思いますし、許されない事です。

これは、弁護士というより、人としての問題と言えますので、残念ながらだれでも弁護士なら信用しても大丈夫!

とはなり得ないようですね。

よって、借金相談債務整理ラボでも紹介している通り、弁護士や代理人選びは大変重要で、あなたが納得した人を代理人とできる事を願っております。

そのために必要な情報を、当サイトでも随時更新していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ