借金地獄からの脱出

借金地獄、借金まみれってどれくらいで境界線を引くのでしょう?

色々調べてみて、ちょっと??と思ったのが「年収の3分の1」が境界線という記事でした。

年収で3分の1という事は、例えば手取り額で300万円であれば100万円までの借金がOKとなりますが、5年位内に完済をしようと思えば5万円近くの毎月の返済額が必要です。

サラリーマンの小遣い平均が4万円近くなので、その金額を上回る返済額をとかんがえるとちょっと厳しいですよね・・・

しかし、実は現実はもっと厳しいもので、多重債務と言われる方は5社以上借入をしている事を指しますので、もし一社あたり50万円を借入しているとすればま250万円の借入がある事になります。

返済金額は。。。とか考えると10万円近くになる。

ので、年収の8割近くというケースもありえるはずです。


こんな返済もまともにできない状況で借金返済を継続・・・とは通常では考えにくいのですが、それでもずっと頑張ってきている方もいらっしゃるのですが、まずは毎月の返済額と余計な元金を削る作業から始めたいところです。


この作業を「債務整理」と呼びます。


債務整理については、債務整理ラボ弁護士司法書士選びも参考になるかと思いますので、こちらも合わせて参考にして下さいね。


まずは、不要な借金は支払いしない事、不要な利息は払わない事、目に見える借金がすべてではないです。

不要なものを削れば、案外少ない金額かも知れませんし、借金を整理して気持ちも楽にしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ