借金を肩代わりした場合に過払い金請求は可能なの?

親族や家族が債務者の代わりに代位弁済したケースで、過払い金請求は可能なの??という事で気になったので調べてみたところ、結論として「代位弁済者による請求が可能」という事でした。

※ここでは保証人は別件とし、あくまで個人債務に限ってです。

もう少し、噛み砕いて紹介しますと、代位弁済とは「借金を肩代わり(立て替え)する事」で、代位弁済者とは、「代わりに借金を返済した人(肩代わりした人)」という事になります。

よって、債務者が過払い金請求をしたい場合でも、自分ではできないので、取引履歴などの取り寄せや事務的な事だけお手伝いして、あとは親族や家族にお任せする。

もしくは、すべてを親族や家族にお任せして、手続きを代理人に任せる。

と良いかと思います。


ところでここで気になったのが、「借金の肩代わり」についてなのですが、通常債務者の借金を肩代わりする行為を財産の贈与と考えた場合は「贈与税」という事になりますし、代位弁済という事であれば、借用書などを作成して、返金をしてもらうようにしておく必要があります。

それぞれで対応が変わるのですが、もし過払い金を請求した場合は、この贈与税の扱いというのは、どうなるのか??という点が非常に気になります。


そこで、知り合いの弁護士を通じて、気になる疑問を質問し、回答待ちですので、返答があり次第、追記させていただこうと思います。

ひとまず、肩代わりした借金に対する過払い金の返還請求は可能!!

という事だけは、ここで抑えておいて下さいね。


cyan01 過払い金請求を検討の際には、こちらも合わえてチェックして下さい!

⇒ 過払い金請求 ランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ