借金の時効

個人の借金ですが、実は「時効」が存在するのです!

時効が存在するという事は、時効には「取得時効」と「消滅時効」がありますので、もし取得時効という事になれば・・・

何時の日からか、債権を取得するという事になり、永遠に借金がなくならないイメージがするのですが、嬉しい事に借金についての時効は、「消滅時効」という事で、債権が消滅するタイプの時効となります。

よって、時効満了を迎えた際には、借金がチャラになりますので、もし債権者から逃げ通せるのであれば、有効な手段と言えます。

ちなみに、消滅時効までの期間は、最終返済日より5年。となっていますので、もし5年以上借金を放置している場合は、ただちに時効の援用(=時効の手続きを行い、時効を主張する事)をする事をオススメします。

借金の時効の援用

まず借金の時効についての援用ですが、援用する場合は内容証明郵便などの文章でという決まりなどはなく、口頭で相手に伝えても問題ないのですが、多くの場合は後日の紛争防止のために、内容証明を使うケースが多いようです。

これで時効が成立すれば、借金は元々なかった事となります。晴れて借金から開放される事になりますが、貸金業者が指を加えて時効成立を見届ける事は、なかなかありません。

時効の邪魔をするために、法的に認められている手段があり、様々な方法を持って自身の債権の存在を主張してきます。この事を「時効の中断」と呼びますが、時効の中断事由には以下のようなものがあります。

  • 裁判上の請求 支払督促の申立、和解及び調停の申立も同様の効果があります。
  • 催告 6ヶ月以内に支払督促や訴訟手続きをしなければ効力をなくします。
  • 差押え、仮差押え又は仮処分 給料の差押えなど法的な手続きをする事です。
  • 債務の承認 自ら債務の存在を認めたり、借金の支払いをする行為の事です。

  • 上記のような事があれば、時効の進行がストップしますので、これらの妨害をくぐり抜けて晴れて時効を目指すのです。

    ※ちなみに裁判上の請求で判決を得た場合、時効が10年に延長されます。

    借金の時効 信用情報

    では、時効の中断もなく、晴れて時効が成立した場合は、信用情報はどのような報告になるのでしょうか??

    大変気になるところですので、調べてみたところ「元々借金がなかった事にする」のが時効の趣旨ですので、そもそも借入していた事すらも事実としてなくなります。

    よって、通常長期の延滞の場合は、信用情報には異動情報が登録されているはずですが、すべてなくなりますので真に借金から開放されるという事になります。

    以上、借金の時効についてのまとめでした。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ