借金が返せないで悩んでいる

借金の返済ができなくて悩んでいる方がいますが、解決できない悩みはありません。

まずは、借金は返済できなくなるとどうなっていくのか?そしてその借金を返済できなくても解決できるのか?という2つの点について見て行きたいと思います。


借金の返済ができないと、まずは「相談」という名の督促が行われます。

貸金業者は入金の遅れがあってから早くて翌日、遅くとも1週間程度で督促の連絡を開始します。

方法としては、メールや電話が主な方法ですが、連絡が取れない場合は、訪問や通知発送なども行われます。各社の基準で発送基準なども違いますが、ガイドラインなどの規定によると、一週間に二度以内という決まりや電話も一日に5回までなどという規定があります。

これらを遵守していれば、あらゆる手段で連絡が取れるように努めるのが、貸金業者の督促です。

督促で連絡が取れなくなると、最終的な通告「催告書」などの発送を行います。

催告書には、法的な手段も検討する事などが書かれています。法的な手段とは支払い督促とよばれる方法で、債務者に支払するように裁判所からも通知を出す方法です。

これでも無視を続けると、強制執行などになりますので、要注意です。



信用情報は、長期未入金のまま3ヶ月程度続いた際に、延滞情報として異動情報が登録されます

その他、最終入金日より6ヶ月以上経過する際には、貸倒れ指定と呼ばれ、債権を貸倒れ処理する事となります。貸倒れになると、費用に算入されますので、貸金業者としては大きなマイナスとなります。

=余談ですが、翌年以降の「貸倒引当金」は、前年度の貸倒れ金実績などを元に計算しますので、引当金を積むという事は、それだけ経営にマイナス効果だという事になります。

このように借金を放置していると、最終的には信用情報に異動情報、そして最悪の場合は強制執行になります。

キャッシングなどの場合は無担保なので、給料の差し押さえが一般的で、自宅などの資産の差し押さえは無理でしょう。それでも給料を差し押さえされるのは、不都合なのでそれだけは避けたいところです。


そんな時に借金の返済ができず苦しい場合は、借金生活 債務整理の相談が出来る法律事務所でも紹介している通り、債務整理を検討する事と、借金解決できる事務所へ相談を持ちかける事が有効な手段と言えます。


何も借金は完済するだけが解決の道ではありません。

あなたの現状に合った、借金状況にあった方法を選べば良いだけですし、あなたの借金問題の解決のヒントとなれば、こちらも嬉しく思います。


サブコンテンツ

このページの先頭へ