借金がある人の行動

「借金」というキーワードで色々と情報収集していると、「借金がある人の行動」と出てきました。

ここでは借金する人の特徴、必ず起こす行動までを心理面と経験からお答えしようと思いまとめてみました。


借金がある人が必ずとる行動パターン

借金がある人が起こす行動で考えられるのは、大きく分けて2つです。

  • 借金を返せないので、返すためにできる事を良くも悪くも行う
  • 知り合いや頼りになる人に相談して解決する。

  • まず、上記の「良くも悪くも色々と手をだす」事については、例えば金融機関で借り入れ、闇金で借り入れするなど、お金を借りてでも返そうとするケースが考えられます。

    返そうと必死になる考えは素晴らしいと思うのですが、その行動は果たして正しい行動といえるでしょうか?


    結局は、自分を苦しめるだけでなく、借りた相手(金融業者)にも迷惑をかける可能性があります。

    特に、闇金からの場合は、取り立て行為は想像以上に厳しい物で、親族(家族)に取り立てする事も辞さないので、身の危険も含めて大変怖いものですから、手を出すのは避けた方が良いでしょう。

    お金を借りる行為は、簡単にできるかもしれませんが、自分だけの影響ではなく、ほかの人にも影響が広がっていく事になる。

    という事も、憶えておき、借りる選択肢を消去するようにしましょう。


    次に、「知り合いや相談できる人に相談する」というパターンですが、これはある意味正当な方法と言えます。

    親族や家族に相談すると、お金の融通をしてくれる事もありますし、そうなれば借金問題を解決できる事も考えられます。
    (ただし、本当に厳しい選択です。家族に借金を打ち明けるのは、相当なエネルギーが必要です。)


    では、他に相談できる相手は??となった場合、多くの方が借金問題と言えば「債務整理」というふうに考えるようです。

    よって、借金問題に強い弁護士や司法書士に相談ができますので、安心して相談を任せる事が可能です。


    当サイトでも情報提供していますので、参考にして頂ければ幸いです。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ