スーパーやまもと 倒産 お客様が債権者に

地場食品スーパーの(株)スーパーやまもと。

本社が大阪府松原市で、南大阪に多く店舗を構えるスーパーで地元の人から愛されていたのですが。。。破産手続の開始決定を受けたとの事です。

これでお客様としては、お買い物するスーパーが一つなくなった・・・

だけで済まない、債権者にもなりスーパーやまもとへ取り立てする事態が起こるとネット界で話題です。


実は、その正体というのが、「めちゃ得カード」と呼ばれるカード制度になるのですが、なんでもこのカード、ポイントが付くのではなく、お釣りをカードに預けている形を採用しているようです。

=つまり、このお釣りを預り金として計上しているとの事ですね。

そして、お釣りが一定以上溜まった時に、その金額以上のギフトと好感する顧客サービスだったのですが。。。


このお金は返ってこないでしょうΣ(゚д゚lll)

という事なのです・・・


しかも、ビックリするのはその対象者数が13,000人にも達するというところです。


今回は破産手続となるので、管財人による配当が行われるのですが、上記のポイントなどは2,000円未満の少額債権になるので、配当が回ってくる確率は、極めて低い・・・


と見るしかないようです。



ポイントカードでポイントを貯め続けるのも楽しみの一つかも知れませんが、それでも急に倒産したりカードサービスを終了するという事で、ポイント還元を受けれなくなると・・・

全くの無意味になりますので、定期的な還元が大事という事ですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ