オレオレ詐欺 最新手口をご存知ですか?

テレビの中、ニュースの中だけではありません、あなたの身近でも起きる可能性があります。

よく耳にする「オレオレ詐欺」。昔は「振込詐欺」と呼ばれていたのですが、その形態が様々となり、詐欺が多様化する事で、オレオレ詐欺に呼び名が統一されました。

「今や昔の話でしょ??もう誰も騙されていないでしょ??」

そう思われがちなのですが、平成25年の詐欺件数が5383件被害額にして170億7678万円。前年比の件数にして48%増しなんだとかΣ(゚д゚lll)

主に多くの老人が騙される傾向にあるようで、60歳前後の両親がいる方は要注意です!!


そして、以前までは言葉巧みに振込させる形態が主流だったのですが、最近の傾向では犯人に直接現金を渡す手法「受取型」が増えているとの事です。

言葉の誘導としては

「投資の失敗」、「交通事故、喧嘩の示談話」、「会社のお金を使い込み」などのトラブルを口実にするもので、この手の言葉の誘導は変わらないようですから、老人が騙されないように普段から啓発するように心掛けてほしいというのが、もっともな対策のようです。


あとは、警視庁と共同開発したこちらの商品


「振り込め詐欺見張りたいたいへんだぁ」は、呼び出し音が鳴る前に会話を録音しますとアナウンスし、相手を警戒させる通話録音装置をプレゼントするのも、一つの対策です。


いずれにしても、ご両親や老人が安心して過ごせるような対策を取り、オレオレ詐欺のような卑劣な行為に引っかからないようにして頂きたいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ